スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お休みごめんね。

2011-09-27 21:26

ゆるゆる過ぎるクルミュウです。

コメントを頂いた

jujuamさん、里菜ママさん、TIROLさん、ロンひなママさん、はーやさん
まりぃまむさん、くーちゃん☆ゆずままさん

みなさんのお返事が出来ていなくてごめんなさい

アンの心配を頂いたみなさん、無事手術終わりました。
良性ですが、リンパ系の腫瘍だったので取ってよかったです。
ワンの病気進行は早いので、即判断が正解だったと自分を誉めてあげちゃいました

さてそんなこんなの中先々週の土曜日、実は大事件が我家に起きていました。
50~60cmの高さから2頭引きにつながれたチャーとあっ君は・・・

ハイパーのチャーにひきづられ、あっ君が頭から落ちてしまいました

お気づきだと思いますが、絵文字を入れられる程もう大丈夫なのですが

直後は硬直して動かないあっ君を抱え、冷静な判断(結構いつも冷静な性格なので)をしていたみたいですが
病院への運転は正直覚えてないです

脈がすごく遅い、呼吸が浅い、舌の淵がチアノーゼを起こしている、呼ぶとめを開けるが「うとうと」と眠ってしまう。


「これは、動かしてはいけないな!」の判断をしたので、いつも遊ぶ友達にあっ君を抱えてもらい
車を取りにどしゃ降りの中を走って帰りました。

正直、「ダメかもしれない」とかなり思ってました。

あっ君だけを連れ、3ワンを家にしまい、病院へ走る途中、あっ君が動き出しました。

「もう、大丈夫。」

今回は、すごく自分の中の自分と話て判断しているのが妙に多かったです。
子供が小さかった時、体が弱かったので、冷静に見る習慣があったのが蘇ったというか
役に立ちました。

反省もかなりしました。
どうしても4ワンを全て見る事に注意が足りない自分でした。

そしてわかった事がもう一つ。
安静にしていなければならないあっ君をケージに入れていたら・・・
チャーが淋しくて、淋しくて泣き喚いてました。
「あっ君、出てきて出てきて」ってね。

クルトやミュウが病気になってもお互いに心配で寄り添うだけだけど
きょうだいは、いなければおかしくなっちゃうほど一体なんだなぁ~。

寄り添う事も泣く事も、もうさせないように注意して大事に育てます。

あっ君は、もう大丈夫です。
充分元気で遊んでます。

以外にも私が疲れてしまったので、もう暫くお休みさせて下さいね
スポンサーサイト

プロフィール

クルミュウママ

Author:クルミュウママ
クルト:とってもやさしいお父さん
2007.9.5生 
ミュウ:しっかり者だけど自分が一番偉いお母さん
2008.4.6生

2011.2.14 アンディとチャーミー誕生

最新トラックバック

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

プロバイオティクスGBN1(3箱セット)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。